当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

エリック・S・レイモンドの提言「Bazaarは死にかけだから、EmacsはGitに移行すべき」

エリック・S・レイモンドが Emacs の開発者メーリングリストに投げたメールが SlashdotLWN.net で話題になっている。

恥ずかしい話、ワタシは Bazaarコマンドラインツールが bzr)のこと自体ほとんど知らなかったのだが、元々は Canonical の社員が作った分散型バージョン管理システムで、現在も Canonicalドメイン内に公式サイトがあるが、GNU プロジェクトの一部なのね。

Canonical という出自があり、Ubuntu などがソース管理に使っており、GNU プロジェクトの関係で GNU Emacs も然り。

で、esr は Bazaar は死にかけだから、Emacs は(同じ分散型バージョン管理システムの)git にソース管理を移すべきと提言している。

不都合な真実は、多くの若いハッカーたちにとって、Emacs はとっくに恐竜みたいなものであることだ――扱いが面倒で、図体がでかくて、とっつきにくくて、つまりは前世紀の遺物なんだ。そのイメージと戦うつもりなら、これ以上プロジェクトのイメージを愛想なしで、閉鎖的で、後ろ向きなものを支持する余裕なんかないんだ。

当然ながら、bzr に執着するのはそういう選択肢なわけよ。潜在的な開発者候補を失うことになるが、それは bzr に学習コストがあるからじゃなくて、そのイメージが愛想なしで、閉鎖的だったりするからだ。

皮肉なのは、Bazaar の名前が(多分)esr のかの「伽藍とバザール」にちなんでいること。

esr は Mercurial のほうが好きだったみたいだが、こちらも未来は明るくなさげで、結局この分野は Git が勝ったんだから、ということだろう。

しかし、esr の名前自体久しぶりに見たな(笑)。

開発ツール徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)

開発ツール徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)